家屋に大きな被害をもたらす悪魔【シロアリ退治で家を守る】

家を食い散らかすシロアリの習性

シロアリ被害は第4の災害

シロアリは、人間の家屋に住み着き大きな被害を与えてくる、列記とした害虫です。そもそもシロアリはなぜ私達の家屋に頻繁に姿を見せるのでしょうか。彼らの習性、そしてシロアリが家屋に住み着いていないかどうかチェックする項目をご紹介します。

シロアリが好む家

家屋は、地震や火災など、様々な災害に見舞われる恐れがあります。 この「地震」「火災」ともう1つの自然災害、「風水害」に次ぐ4つめの災害と呼ばれているものがあります。それは「シロアリ災害」です。シロアリが家屋に住み着くようになると、土台や柱、床板などが食害され、瞬く間に家屋がボロボロになってしまいます。木造建築物はもちろん、鉄筋コンクリートで造られた家屋においてもその被害が確認されています。

被害が多い場所の特徴

シロアリの主な栄養源は、木材の中に含まれる「セルロース」という成分です。木造建ての家屋に使われている木材には、このセルロースが含まれているので、彼らはケーブル類やコンクリートなどをかじりながら木材がある場所までどんどん侵攻していきます。また、彼らは湿気の多い場所や暗い場所などを好む習性があります。つまり木造建築物、特に湿気が多く光が当たらない床下は、彼らにとってこれとない最高の環境と言えるのです。

シロアリチェック

シロアリ駆除は、屋根の裏に登ったり床下に潜ったりと、手間と同時に危険性も付いてきます。素人が作業を行なった場合、ケガをしてしまう恐れがあります。専門業者はこのような場所での作業を安全かつ確実にこなしてくれるので、依頼者側は何の危険性も無く安全にシロアリのいない環境を取り戻すことができるのです。

業者に退治してもらう利点とは

まずは電話やメールフォームを通して、被害状況や質問などを伝えましょう。現地調査が必要だと判断された場合は、日程の調整が行なわれます。

TOPボタン